MENU

太陽の日差しが強いとどうしても気になるのが、紫外線ですね。
気が付いたら肌が焼けてしまうかもしれません。
紫外線対策のために、日焼け止めを塗っている方も多いと思います。
ですが面倒ですよね。
日焼け止めクリームは時間や汗などで塗りなおさなくてはいけないし、敏感肌だと刺激で肌荒れするかもしれません。
塗ったばかりクリームが服につくのもイヤな気分になると思います。
それに紫外線によって体内にビタミンDを生成することを考えると、体の本来の機能を阻害しているかもしれません
そんな方のために、飲む日焼け止めがあることをご存知ですか?
ニュートロックスサン、聞いたことはありませんか?

 

人間の肌は通常紫外線にあたることで炎症を引き起こし、メラニン色素を生成します。
ですがニュートロックスサンを飲むことで、肌へのダメージを抑えられるのです!
これだけでもすごいですが、日焼け止めクリームのデメリットを考えると、さらにすごいとは思いませんか。
塗り直し不要、敏感肌でも安心。服にもつかない、メリットも多いことでしょう。
でも安心なの?
飲むことに不安を覚える方もいると思います。
今のところニュートロックスサンを使用して副作用が出たという報告はありません。
実は材料もオーガニックです。
シトラス(柑橘類)とローズマリーの成分を抽出し、特定の配分で混ぜたポリフェノールなんですよ。
ポリフェノールといえば、コレステロールの酸化を抑えます。
赤ワインに多く含まれており、動脈硬化の対策に飲む人も多いのではないでしょうか?
ローズマリーは、主に香料として用いられます。スーパーなどのスパイスコーナーに置いてあり、肉料理の香りづけに使う人もいますよね。
つまりニュートロックスサンは植物由来なんです!!
安心していただけましたでしょうか?
安全性はありますが、もちろん飲んではいけない人もいます。
妊娠中の女性、授乳中の女性、それに4歳未満の子どもですね。

ほかの薬などと同様、かかりつけのお医者さんに相談して使ってくださいね。

 

それではニュートロックスサンの効果ですが、これも安心してください。
開発者であるスペインのミギュエル大学ニコル教授とモンテローザ社の実験データを参照すると、ニュートロックスサンを85日間摂取した16〜60歳の被験者において紫外線を60%カットすることが判明したのです!
100%じゃないの?
これについては普通の日焼け止めクリームも同じ条件なので、気にする必要はないと思います。
肝心なのは日焼け止め対策として、時間の節約ができ、かつ安全性が保障されていることですね。
さきほど紫外線がビタミンDの生成に関わっていることを記しましたが、まったく生成しなくても問題ですからね。
小児に起こる「くる病」などはビタミンD不足が原因なんですよ。
ですが、ニュートロックスサンはこのビタミンDの生成を阻害しないのです
これはニュートロックスサンが体内の活性酸素の活動を抑制することで、肌本来の力で紫外線による肌の損傷を防ぐんです!

 

ニュートロックスサンが生まれたのはスペインです。
日本に比べて紫外線の強い国として有名ですね。
白人は有色人種に比べて、皮膚ガンのリスクが高いのです。
これは過剰な紫外線を吸収するためのメラニン色素が白人は少ないからですね。
太陽は西洋では怖い存在なんです。
しかし、スペインに限らず、ヨーロッパではバカンスでビーチに行く人も多いですね。
テレビでも日焼けを楽しんでいる風景を見かけると思います。
日焼けはかっこいい、という文化があるそうですよ。
一方日本では「白さ」に美徳が置かれていますよね。
化粧品なども美白を意識したものが多く、塗る日焼け止めも化粧品のようなものが多いです。
スペイン生まれのニュートロックスサンは皮膚ガンのリスクを回避するための日焼け止めといってよいでしょう。
焼けること自体を防ぐものではないのです。
ダメージを抑えるものなんですね。
もしニュートロックスサンの使用を考えている人がいれば、日焼け止めクリームとの併用を考えてもいいかもしれませんね。
再度確認しますが、安全性自体はまったく問題ありません。
時間のない人、「白さ」にこだわりのない人はニュートロックスサンの方が楽だと思われます。

この機会にニュートロックスサンを利用してみてはいかがでしょうか?